便秘解消で体重も自然に落ちていく

一般的に便秘は女性の方の方が多い悩みだと聞きます。なぜでしょうか?

女性には生理があるので、ホルモンのバランスが一か月のうちで変わりますよね。その際、ホルモンバランスが崩れたときなどは便秘になりやすいそうです。特に黄体ホルモンが出ているときは便秘になりやすく、そのせいで生理前は便秘にお悩みの女性の方が多いのです。また女性の方が男性よりも筋力が少ないので、それによって便秘になりやすい、という説もあるそうです。まぁ、どちらの説にせよ、個人差はあるとおもいますが!

 

便が出ない、だからすっきりしない・・・そんな便秘。

解消するためにはどのような方法があるでしょうか?一緒に考えてみましょう。

 

まず、食物繊維をたくさん取る、というのは基本です。

食物繊維のたくさん含まれている食品として、ひじきやゴボウ、バナナなどもお勧めです。

またいつも食べている白米を玄米に変えてみる、というのも良い方法ですよ。

精米されて白米の時には無くなっている「ふすま」は食物繊維の多く含まれている優秀食品です。ふすまだけを食べるのは味気ない、だから白米でなく玄米を食べてふすまをとるのは便秘解消に良いと思います。もしふすまだけを食べてみたい、とお考えなら、売られているふすまを少しフライパンで炒ってから食べるとちょっと甘みも出て食べやすくなりますよ。

 

また水を変えてみるのも良いと思います。軟水よりも硬水の方が便秘解消には効果的。硬水はミネラルを多く含むのでミネラルバランスを整えて便秘を解消するのも良いでしょう。効果をしっかりと期待したいのなら一日に水2ℓは摂取したいものです。

 

そして便秘がちな人にありがちな、生活リズムを整えることも大切です。便意がなくとも毎朝一回はトイレに行きましょう。これが習慣となって体が毎朝便を出すリズムになっていきますよ。

 

適度の運動をすることも大切です。運動によって全身の血行を良くする事、運動によって筋肉も鍛えられるし、動かないで一日を過ごすと腸内活動も衰えてきます。ですから適度に運動することは便秘解消にも良いですよ。

 

「便秘を解消すれば体重も減る」。これは体にたまった便が出たことで自然と体重が減る、ということです。それだけではなく便秘を解消するために健康的な生活を心がけるようになったことで、その結果便秘でなくなり、溜まるものもなくなり体重が増えないようになるということです。一度便秘ではない生活習慣を手に入れたらそのままずっとそれを続けておきたいものです。

便秘が続くと10日後にはどうなるの?

 

便秘が原因で太ったり、肌が荒れたりする。これはよく言われることですね。便秘がちの人は実際に肌荒れがひどかったり、太り気味の人が多かったりします。でもこれは本当に便秘のせいなのでしょうか!?

 

実は便秘がその原因なのではなく、便秘になりやすい生活習慣そのものが便秘の原因となり、それが肌荒れなどの症状を引きおしている、というのが正解です。便秘がちの人はよくその食生活を見つめてください。いったいどのような食生活を毎日送っていらっしゃいますか?ファストフードやコンビニで買ったものが多かったり、食物繊維が足りていなかったり…、そんな毎日でしたら当たり前のように便秘になりますよ。

 

さて、便秘とはいったいどのような定義なのでしょうか?

日本内科学会の定義では「3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態」 となっています。つまり10日も出るものが出なかったらおなかの中はとんでもないことになっている、ということです。そのような状態になっている場合はすぐにでも、浣腸などの薬剤を使ってでも、便秘解消に努めてください。さもないと大変なことになってしまいます。近くのクリニックに受診してもいいくらいです。この状態は赤信号で危険信号です。そんなことにならないためにも便秘にならない食生活をしましょう。

 

簡単な食生活の改善法として、間食にプルーンを食べてみるのはいかがでしょうか。ドライプルーンには食物繊維が多く含まれています。それに携帯にとても便利ですから、ちょっと小腹がすいた、という時にもとてもお勧めです。それ以外の食物で食物繊維が多いものをご紹介すると、ゴボウ、ひじき、わかめ、シイタケ、バナナなどがあります。寒天にも食物繊維が多く含まれているのでお勧めです。これらの食物をしっかりとり、水を一日1.2ℓから1.5ℓ摂取するのが便秘解消には有効ですよ。

 

このように便秘解消にはやはり食物繊維をたくさん取ることが一番近道です。しかし、これらの食物をとっても何日も出ない場合はやはりドクターに診てもらうことをお勧めします。何か病気が隠れている、なんて頃があったら困るので、その場合でも早期発見、早期治療が大切なので、出ない時、気持ち悪いときは病院に行ってプロの意見を聞きましょう。

何をやっても痩せない原因は便秘にあり?

あらゆる方法でダイエットをしたけれど、思ったほど成果が出ていないという方!

もう一度そのダイエット方法を見直してみませんか?

 

当たり前ですが、どう考えても出るものと入る物のバランスが崩れていると痩せませんよ!

食べる方が使う法、出す方よりも多いと当然太ります。運動不足だったり、食べ過ぎていたりすると、太ってしまうのも無理ありません。単純計算で、入る物が出るものよりも多いとゆっくりかもしれませんが、でも確実に太ります。ですから痩せたいときは、出るものと入る物のバランスを考えましょう。

 

しっかり運動していて、食事の制限もしっかりとして、栄養バランスも考えて毎日過ごしているというのに、それでも太ってしまう、という方。もしかして便秘になっているのかもしれません。

 

皮肉なことにダイエットをがんばっているという人ほど便秘になりやすいという調査結果があります。ダイエットをしている人は、当然食べるものに気を使っているので、食べる量が少なくなる傾向があります。そうなると食物繊維が不足がちになり、その結果便秘気味になるというものです。ダイエットのため、といって食べるもの自体を減らしてしまうことは、実は逆にダイエットにならない、という場合もあります。そうならないために、食事の量を減らすのではなく、カロリー計算をして賢くダイエットをするべきでしょう。

 

カロリーが少なく、食物繊維の多い食品はいくつかありますが、おすすめは海藻類でしょう。海藻類はミネラルも豊富ですし、何よりもカロリーが少ないところがとてもいいですよね。海藻サラダはダイエットにはとても良いメニューだと思います。またきのこ類もお勧めです。きのこのカロリーはほとんどないに等しいので、たくさん食べても大丈夫です。同じような食品にこんにゃくがあります。こんにゃくゼリーはダイエットの時の間食にはとても良いですよ。

 

これらの食品はカロリーは低いけれど、便秘を防いでくれるものばかりです。

何をしても痩せないときは便秘気味なのかもしれません。そんな時は上にあげた食品を積極的にとってみましょう!